脱毛

【わき脱毛】脇汗と臭い対策【夏に向けて】

暑くなってくると衣替えで薄着になります。

そこで気になってくるのが脇汗・・・

精神的な緊張で真っ先に流れてくるのも脇汗です。

白や、グレーのシャツだとシミが目立って恥ずかしい・・・なんて思いのした経験もあるのではないでしょうか?

放っておくと今度は臭いが気になりだします・・・

こんなことを気にしていては、仕事に遊びに支障をきたしてしまいかねません。

そんなお悩みに、まずは”脇脱毛”はいかがでしょうか?

一昔前までは、女性特有の身だしなみでしたが、近年では男性でも脱毛をする方が増えてきています。

海やプールに行くにしても、タンクトップを着るにしても、腕を上げるとチラリと見える憎いやつがいると今一気になってしまいますよね。

「全身脱毛はちょっと・・・」と抵抗ある方も、脇だけならお金も時間もそこまでかかりません。

コッソリ脱毛したい人は、手足と比べて、面積が狭いので、家庭用脱毛器でも十分対応可能です!

何より汗と臭い対策が格段に楽になります。

異性へのアピールの際にも”清潔感”は、かなり重要なファクターになってきます。臭いのキツイ人に良い印象を持つ人はいませんからね(-_-;)

そして、毛をきれいに処理することで、汗と臭いの対策も簡単になります。

今回は脇汗と臭いの対策と、脇脱毛で得られるメリットを紹介していきます。

脇脱毛のメリット

  • 見た目がキレイで清潔感がある
  • タンクトップや水着を気にせずに着られる
  • カミソリ負けや肌トラブルに悩まされない
  • 汗が毛に溜まらない
  • 塗布するタイプの制汗剤が使える

私もメンズながら、だいぶ前に家庭用脱毛器で脇を処理しましたが、デメリットは特に思いあたりません。

プールで見られても、冷やかされるようなことはありませんし、好感を持ってくれる方のが多いくらいです。

女性の方でも毎回カミソリで処理している人もいますが、カミソリ負けや、赤い肌荒れなんかが目に映ると、つい脱毛を薦めたくなってしまいます(笑)

異性に勧めてはセクハラと言われてしまいそうですが(^_^;)

家庭で永久脱毛

私は家庭用脱毛器「ケノン」でワキの脱毛を行いました。

当初は、髭に悩まされていた購入したのですが、髭への使用は痛いのと、肌荒れが酷くなってしまったため、結局は美容クリニックへ行きました。

しかし、ワキくらいの狭い範囲ならものの1分程度で終わります。

私はヒゲ脱毛の際は、クリニックへ30回通ったのですが、予約はなかなか都合の良い時間に取れないしで、2年ほどかかりました。

できることなら自宅で出来た方が絶対楽なんですよね、やっぱり。

脱毛手順

  1. 事前にワキの毛を剃っておく
  2. サングラスなどで目を保護する
  3. 鏡を見ながらワキに機器を密着させる
  4. スイッチを押す
  5. 3秒程の照射感覚がある
  6. 片脇5~6発も照射すれば完了
  7. 最初の頻度は週1~2回(だんだん頻度は少なくなる)

”①の事前に毛を剃る”ですが、T字カミソリよりも、持っているなら電動カミソリがおすすめです。

脱毛の光は黒い毛のメラニンに反応します。

つまり、1~2㎜毛の頭が出ているくらいがちょうど良い長さになります。

特別に深剃りにこだわる必要がないため、電動カミソリの方が肌荒れもしにくいです。電動カミソリは水洗いのできる物で、男性のヒゲ用の物で良いでしょう。

脱毛を初めて間もないころは毛も伸びてくるのですが、徐々に生える速度がゆっくりになり、毛も細くなってきます。

毛が濃いうちは少し痛いので、耐えられない人はアイスノンで冷やすと良いでしょう。すぐ済んじゃうので私は冷やさずにやっていました。

”⑤の照射感覚(クールタイム)”があるため、ワキ以外の広い面積の部位はどうしても時間がかかってしまいます。

足全体を家庭用でやろうとするとかなりの時間がかかるでしょう。

毛の伸びるスピードが速いうちは、カミソリと脱毛器を併用して使います。

効果が表れ、伸びる速度がゆっくりになってきたら、脱毛器だけを使用して、毛の頭が見えたら照射というのを繰り返していました。

だいたい、週1~2回の照射で2~2か月も続けていれば、カミソリが必要ないレベルまで落ち着いてきました。

そこからは月1回程度になり、産毛しか生えてこなくなります。

下の写真が現在の私の状態です。

美容クリニックとの比較

美容クリニックで永久脱毛を行う場合は、各部位で細かく分かれていて料金もセット価格の先払いの返金不可になります。

”ワキ脱毛 ○○回 ○○円”

のよう場所が多いです。

クリニックの業務用の機器の方が効果も高いのですが、契約した回数で満足いかなかった場合は、再びセット料金で契約する形になってしまいます。

とりあえず、「ワキだけ・・・」の場合は家庭用脱毛器の方が簡単かもしれません。

もちろん、他の部位でも使えますからね(*^-^*)

商品紹介

ちなみに私の使っていた脱毛器は「ケノン」です。

ワキ、ヘソ周り、腕、指と脱毛をこの1台で行いました。

カートリッジも購入時にたくさん付いてくるので、まだ再購入したことはありません。

かれこれ6年ほど経ちますが故障もしていません。

これらの部位を美容クリニックで行った場合、〇十万円はかかるので、元は取れたかなと思っています(*^-^*)

他社メーカーの物と比べて、サイズは大きいのですが、その分パワーと効果が期待できます。

照射面積も他の物と比べても最も広く、アタッチメントの交換も簡単にできます。

照射面積が広いと、腕や足などの広いスペースの脱毛を短時間で行えます。

ちなみに、電動カミソリはパナソニックの「ラムダッシュ」を使っています。

水洗いができ、濡れた状態でも使えるので、お風呂場にも持っていけます。

Panasonic シェーバー ラムダッシュ ES-CST8Q-A [青]
created by Rinker

汗と臭い対策

汗と臭い対策の第一は先ほども紹介した脱毛です。

汗が毛に絡んで臭うことも少なくなるし、肌荒れもしません。

汗をかいても、トイレなどでサッと拭きやすいです。

できれば、乾く前にすぐに拭き取れば臭いは出にくいです。

汗が乾くということは、汗の成分から水だけがなくなった状態であり、言わば、”濃縮された老廃物の塊”になります。

そして、毛がないことで使えるようになる、塗り込むタイプの制汗剤が有効になります。

スプレータイプの臭いを臭いで誤魔化すタイプの制汗剤は、汗の臭いと、香料の臭いが混ざってカオスな状態になります。

返って臭いが酷くなることすらあります。

スプレータイプの香料満載の商品を「シュッシュ」と男子学生達がこぞって使っていましたが、重ねつけはもっての他、臭いが混ざって・・・とてもな状態になります(-_-;)

なので、臭いを臭いで上書きはおすすめできません。

そこで、おすすめしたいのが塗り込むタイプの固形スティックタイプの商品「デオナチュレ」です。私の愛用品です(*^^*)

出かける際にひと塗りするだけで、汗と臭いを抑えられます。

もし、身体をたくさん動かして汗をかいてしまったら、汗をしっかりふき取って清潔な状態にしてから塗り直します。

臭いは若干のメントールの香りがある程度で、ほとんど気にならない程度で、気に入っています。

私は香水なんかも苦手で使っているアイテムは極力、香料を含まないものを選んでいます。

他に制汗剤で、「塩化アルミニウム」というのを試したことがあるのです、赤くアレルギー反応が出て、痒みもでたのですぐに使用を中止しました。

こちらのデオナチュレの主成分は”焼きミョウバン”です。

硫酸カリウムアルミニウム(ミョウバン)の無水物を”焼きミョウバン”といい、食品添加物として乾物屋などで販売しているそうです。

食品にも使われているのなら安全性も高そうですね。

ドラッグストアにも売っているのでぜひ試してみてください。

まとめ

夏に向けて、臭いの気になるワキだけでも脱毛をおすすめします。

毛がない、清潔な状態で無臭の制汗剤を塗布することで更に汗と臭いを抑えることができます。

汗はかいてしまったら、できるだけ乾く前に速やかに拭き取る。

乾燥させると臭いは一層強くなる。

ABOUT ME
pt_tatsuya
理学療法士(PT)である上で学んだ医療や身体の知識を使って『美容と健康』に関する情報を発信します。
シャンプー選びでお悩みではありませんか?

オーダーメイドシャンプー「My BOTANIST」をご存じですか?
カウンセリングだけで髪質に合ったシャンプー&トリートメントが手に入ります。もっと見る