スキンケア

うっかり日焼けしてしまったら?

日頃の日焼け対策はしているが、つい日焼けしてしまったという経験はありませんか?

 

汗で日焼け止めが落ちてしまって、うっかり焼いてしまった・・・

屋外での活動時間が長すぎて、家に帰ってから鏡を見るのが不安・・・

 

そんな時の対処法として「氷でアイシング、水分補給、保湿、柑橘系の果物を避ける」の実行で、症状を軽減、日焼け跡を軽くできるかもしれません。

うっかり日焼けしてしまったら?

  1. 氷でアイシング
  2. 水分補給
  3. 保湿
  4. 柑橘系の果物を避ける

<関連記事>

【肌だけではない】UVケア

氷でアイシング

日焼けは、いわば火傷と同じです。

炎症反応が起きている時に第一に行うのがアイシング(冷却)になります。

炎症は初期であればアイシングを行うことで症状を軽減できます。

つまり、日に焼けてしまったとしてもただちに、アイシングを行うことで日焼け跡を軽減してくれます。

 

アイシングの方法は氷をビニール袋に入れて、それをハンカチか、タオルでつつんで焼いてしまった場所を入念に冷却します。

あるいは、アイスノン、保冷剤を冷凍庫でストックしておくといざというときに便利ですよ(*^^*)

 

首周りなどは、日焼け止めを塗っていたとしても衣類と擦れてとれやすく、皮膚も薄いので日焼けのダメージが残りやすいです。

当然、顔にも同様に行います。

 

酷い日焼けで、全身に熱感がある場合は、患部だけでなく、首・ワキ・股関節の付け根も冷やすことで全身の熱を冷ましてくれます。

 

入浴後で再び上昇した体温も冷やしておきましょう。

 

例え日焼け止めを塗って外出していたとしても、夏場のバーベキューや、海、山などの日を遮るものがない環境に長時間いた自覚があった場合はアイシングは効果的です。

疑わしきは罰せよ。日焼けの疑いがあるなら、赤くなっていなくても、迷ったら冷却しておけばまず間違いないでしょう。

水分補給

日焼けしてしまった皮膚の細胞は、水分が奪われてしまっている状態です。

入念な水分補給が症状を和らげる対処になります。

また、屋外での活動中には特に水分補給が重要となり、炎天下では屋内にいる時よりも皮膚からの水分の蒸発する量が多くなります。

 

日焼けしてしまってからの対処として十分な水分摂取と、予防としても効果的となります。

 

しかし、夏場の汗を多くかく季節では、ミネラルも同時に取らないと、熱中症や足がつるといった症状も出やすくなってしまいます。

水分補給にはミネラルウォーターの硬水には必要なミネラルが含まれているのでおすすめです。

<関連記事>

【足がつる】原因と対処法【夜中の痛み、妊娠中にも】

保湿

スキンケアといったらやはり「保湿」は切ってもも切れない存在ですね。

日焼けの予防にはもちろんのこと、日焼け、つまりは火傷の状態には水分補給とついで、皮膚表面から蒸発を防ぐように保湿も重要になります。

 

しっかりと水分をとって、皮膚をアイシングして、オイルで保湿をします。

化粧水だけではなく、かならず、オイル・油分の成分の入った物を塗布してください。

当然、原液のオイルでも構いません。

 

柑橘系の果物は避ける

  • 柑橘系の以下の果物の中には、光の吸収を促し、日焼けをしやすくしてしまう成分(ソラレン)が含まれています。
  • ミカン
  • オレンジ
  • グレープフルーツ
  • レモン
  • キウイ

屋外での活動中・活動前には食べるのを控えた方が良いかもしれませんね。

屋外の運動活動中に好んで食べられている「はちみつレモン」もNGってことですね(-_-;)

 

もちろん、日に当たらない環境下では積極的に摂取したい果物ですが・・・

食べるタイミングを考えましょう。

日焼け対策のまとめ

日頃の日焼け止め対策、予防をしっかり行い、いざ屋外での活動が長くなってしまったり、日焼け止めを塗り忘れた、汗で落ちてしまった。

あるいは万全を尽くしたはずだが、やはり心配という時には今回紹介した点を試してみてください。

  1. 皮膚を氷で冷却
  2. 水分補給
  3. 保湿
  4. 柑橘系の果物を避ける
ABOUT ME
pt_tatsuya
理学療法士(PT)である上で学んだ医療や身体の知識を使って『美容と健康』に関する情報を発信します。
シャンプー選びでお悩みではありませんか?

オーダーメイドシャンプー「My BOTANIST」をご存じですか?
カウンセリングだけで髪質に合ったシャンプー&トリートメントが手に入ります。もっと見る